【まとめ】ICOとは何か?儲かるの?調べてみた

*この記事は全てgoogle先生を使って自ら調べた独自の解釈によりまとめています。 

ICOとは

ICOはInitial Coin Offeringの略で(Initial=初期 Coin=コイン Offering=募集)株式の世界のIPOなものです。

ICO= Initial Coin Offering

IPO= Initial Public Offering(Public=公開)

こうして並べてみるとよくわかりますね。

IPOは新規公開株と呼ばれ、株式を投資家に売り、証券取引所に上場し、誰でも株式投資出来るようにするためにあります。IPO株は投資初心者でも利益を出しやすく一般的に儲かると言われています。

IPOの仮想通貨バージョンがICO!

そう思ったらICOはめちゃ儲かりそうな香りがプンプンしますね!

ICOの仕組み

仮想通貨を用いた資金調達の方法で、「クラウドセール」、「プレセール」とも呼ばれます。企業や組織が新しいプロジェクトを行うために独自のトークンを発行することで資金を調達しそれを基にプロジェクトを行います。(トークンとはブロックチェーン上で発行した独自コインのことで新しい仮想通貨と思っていただければとOKです。)

プロジェクトが成功すればプロジェクトの価値が上がり、伴ってトークン(仮想通貨)の価値も上がるでしょう。

もし、ICOで購入した、トークン(仮想通貨)がビットコインクラスに将来なったとしたら、とてつもない利益を生むことになります。

例:イーサリアム プレセール時 1ETH=約20円 現在 1ETH=約33000円(2017/7/1時点)

なんと約1650倍 10万円分購入していたら・・・165,000,000円!!!

資産1億円超えてましたね 笑

ICO案件いろいろありすぎ・・・

ICO案件は毎日のように更新されているみたいです。 ICO calendarというサイトに紹介されているICOの内容を和訳して内容を確認してみたところ、ブロックチェーン技術を用いて既存のシステムを新たに構築するものから、ビットコイン、イーサリアムを進化させた新たな仮想通貨等少し調べただけで沢山の案件が出てきました。

正直すべての案件が面白そうで、伸びそうで、成功しそうで投資したくなる・・・

しかしそんなおいしい話ばかりではないのは当たり前ですよね。ICO案件の中には、確実に値上がりすると謳うICO詐欺案件。普通に良さそうな案件が実は詐欺案件だったなんてこともあるそうです。

中にはセミナーや友人の紹介で購入する人もいるらしくねずみ講やマルチ商法を用いた案件なんてのもあります。恐ろしい・・・

まとめ

ICOは仮想通貨のIPO!良い案件を見つけて購入することが出来れば、爆益をあげることが可能。

成功した案件をみて、あの時買っておけば良かったなんてのは結果論でしかないため、ICOについての早い情報収集購入のタイミングが非常に重要である。ICOリテラシーを高めなければ成功はない。

また、ブロックチェーン技術の活用や、新たな仮想通貨は本当に今後の世界を変える可能性があるため、ICOに参加することはお金儲け以外の観点からも非常に興味深いものです。

今後の方針

まだ、ICOの買い方、やり方も分かっていません。ICOについてさらに調べあげます!

ICOの買い方や成功しそうなICO案件を見つけたら持論を用いてブログで紹介していきます。

ICOで成功して爆益を生み出しましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク